快眠できるマットレスと睡眠の知識

2013年07月31日

快眠するためには様々な要因が必要になりますが、その中でも特に重要なのが自律神経の働きです。


睡眠のリズムであるレム睡眠ノンレム睡眠の関係とスムーズな入眠を促す自律神経の働きを理解すれば質の高い睡眠が手に入れられます。それぐらい大切な働きです。


自律神経には交感神経副交感神経があります。
どちらの神経が主導的な働きをしているかによって身体の状態が変わります。


交感神経が主導的な働きをしているときは、活発な状態や緊張した状態になります。


また、副交感神経の時は、リラックスし休息している状態になります。


そこで注意したいのが、就寝前の自律神経の状態です。


寝る前の生活習慣を見直して、副交感神経を優位にできるように心がけることが大切です。


この副交感神経を優位にさせる生活習慣を早く身につけましょう。


副交感神経を優位にさせる方法は、眠る前から身体をリラックスさせて、眠る準備をさせてあげることです。


照明の明るさを就寝1時間前から落としたり、40℃くらいのお風呂にゆっくり浸かってから眠るなどの方法が効果的です。


反対に、寝る前に交感神経を刺激するような、激しい運動アルコールカフェインの摂取は控えるようにしましょう。


身体の求める状態に合わせて神経のシフトチェンジがスムーズに行われないと、自律神経失調症になると言われています。


そうならないためにも、規則正しい生活習慣を身に付け、副交感神経をうまくコントロールして快眠できるようになりましょう。

 



bederabi at 10:40コメント(65) 

2011年01月19日

夜、人は眠りに入ってから目覚めるまでずっと同じ状態で眠っているわけではありません。


性質の異なる睡眠を交互に繰り返しています。つまり、眠りの浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠が繰り返され朝を迎えるのです。


レム睡眠
は、体の力は抜けているけれど脳は活動している状態で、閉じたまぶたの下で目玉がキョロキョロ動いています。この時間に記憶を整理して脳の発達に重要な役割を果たすといわれています。
夢を見るのもこの時間です。


一方、ノンレム睡眠は逆に脳は眠りにつき、体は動いている状態です。この時間は、体温は少し低くなり呼吸や脈拍が少なくなくなります。この時に、細胞の修復や生産が行われ、新陳代謝が高まり免疫力が増強されると言われています。夢はほとんど見ません。


この脳と体を交互に深く休ませる睡眠のリズムが眠っている間に私たちの心身の健康を整えているのです。


そこで大切なのが、この一連のサイクルの中で一番目覚めの良いタイミングで起きることなのです。


眠りにはいると、まず眠りの深いノンレム睡眠が現れ、その後浅いレム睡眠に入ります。人はこのリズムを一晩に4~5回繰り返します。個人差がありますが平均90分で1サイクルです。つまり6時間睡眠なら4回目、7時間半睡眠なら5回目のレム睡眠が終わった直後に目覚められるかか勝負です。


このタイミングで起きれず眠り続けたり二度寝をしてしまうと「結構寝たのに寝た気がしない」ことになりまた逆にちょっとしか寝てないのにすっきりしているというのは、最適なタイミングで起きれているかの違いなのです。


早速今日から、寝る時間から90の倍数で起床する時間を設定しましょう。そしてレム睡眠が行われた直後に起きましょう。そうすれば頭がすっきりした状態で目覚められるようになるでしょう。

 

 

 

 



bederabi at 00:33コメント(220) 

2010年10月13日

快眠できる寝心地の良いマットレスとは、どうゆうことなのか一番大切ですので、確認してしておきましょう。


疲れがとれ快眠できるマットレスとは、ノンレム睡眠をしっかり行えるマットレスのことです。ようは、寝返りが少なくマットレスをいかに選べるかがポイントです。


睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。レム睡眠は、肉体を休める時間、ノンレム睡眠は。脳の休息する時間です。


この2つの時間をしっかり行うことが快眠につながりますが、それを妨げているのが寝返りなのです。


特に問題なのは、ノンレム睡眠中におこる寝返りなのです。寝返りは体のある箇所がうっ血し、血液の流れが妨げられると、起こるものです。その際寝返りの指令をだすのが脳なのです。脳が休息している時間に脳を叩き起こすような行動が寝返りなのです。


そこでマットレスの選び方で重要なのが寝返りを減らすマットレスなのです。


しっかり体を支えながらも耐圧を分散させうっ血や痺れを起こさないマットレスが健康には求められているのです。


睡眠障害や不眠症は、忙しいこの時代がもたらした現代病です。
忙しい毎日はすぐ変えられない方がほとんどだと思いますが、質の高い快眠できるマットレスを選ぶことは可能です。


正しい快眠できる睡眠のメカニズムを理解し、快眠できるマットレスをてにいれることは、この時代に幸せに生きるためには、不可欠なことなのです。




bederabi at 14:39コメント(1)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク