日本のベッドの環境と特徴

2010年10月12日

日本では、様々なベッドが販売されていますよね。


有名なところだとシモンズ、シーリー、サーターやテンピュール、マニフレックス、トゥルースリーパー、最近だとドルメオ等あげたらきりがありません。

腰痛、肩こりでお悩みに方へお薦めです。
価格も手頃なので是非使って見てください

(楽天で9週連続No1です。)


これは、ベッド後進国の日本ならではの特徴であることを理解していましたか?


つまりベッド先進国のアメリカやヨーロッパのマットレスが混在しているのです。


アメリカでは100年以上の歴史があるメーカーがたくさんありますからね。40~50年の歴史しかない日本が影響うけてしまうのは無理もありません。


簡単にまとめるとヨーロッパでは、環境意識が高いためスプリングのないウレタンマットレスが主流で、アメリカでは、環境より自分たちの大きな体をしっかり支えるスプリングマットレスが主流です。


そしてその影響を受けベッド後進国の日本では、アメリカ、ヨーロッパ両方のベッドが沢山入ってきているのです。


その中で日本のベッドの主流は、ポケットコイルマットレスでしょう。シモンズ、日本ベッド、が有名です。


横揺れや振動がおきにくいマットレスで、寝ているパートナーに迷惑をかけないようなスプリングの構造になっています。


これは、日本の住宅事情で、ダブルなどの小さなマットレスを使う人が多いため、また価格もお求め安いので、販売側も売りやすいことなどが原因で普及していると考えられます。


今日日本では、世界の優れたメーカーの商品を手軽にかえる恵まれた環境にありますが、不眠症や睡眠障害に悩んでいる人が沢山いいます。


これはベッドの選び方特徴など勉強せずに高い買い物をしてしまうからです。是非このサイトで正しい知識や情報を入手して快適なベッドを選べるようにしてください。

腰痛、肩こりでお悩みに方へお薦めです。
価格も手頃なので是非使って見てください。
(楽天で9週連続No1です。)


bederabi at 15:07コメント(0)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク