ベットフレームのサイズの選び方の注意点

2010年10月10日

マットレスとベットフレームは、別々に選ぶことができるので当然サイズを合わす必要があります。


以前は、マットレスとフレームのセット販売をしていることが通常でしたので、注意する必要がなかったですが、
現在は、睡眠を左右するマットレスに予算をかける人が増え別々に購入することができるようになりました。


これは大変嬉しいことなんですが、ベットフレームのサイズの選び方は、注意する必要が、あります。


ベットのサイズは、JIS規格で決められています。
シングル セミダブル ダブルまでは、どの日本メーカーも規格に基づいて同じサイズでつくっています。


注意しなければいけないのが、それ以上のサイズのマットレスのときです。


ワイドダブルやクィーンサイズは、各メーカーで独自にサイズを決めつくっていますので、ベットフレームの選び方に困ることがあるのです。
少し幅が足りなかったり、長さが短ったり、中々あうサイズが見つかりません。


ダブルより上のマットレスを検討してる人は、前もってサイズがあうベットフレームも選べるか確認しといたほうがいいでしょう。


ただ、ベットで大切なのは、マットレスですから、フレームのサイズを優先して寝心地を妥協するようなことは、おすすめできません。販売店でマットレスに合うサイズのベットフレームがあることを事前に確認が大切です。

腰痛、肩こりでお悩みに方へお薦めです。
価格も手頃なので是非使って見てください。
(楽天で9週連続No1です。)


bederabi at 21:52コメント(35)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク