ベッドフレームの種類と選び方

2010年10月08日

ベッドフレーム選び方は、たくさん種類があり迷いますがそこまで重要ではありません。
健康のためにマットレスには、予算をかけるべきですが、フレームにかけても寝心地はまったく変わりませんからね。


た寝室にベッドフレームを入れるとわかりますが、ほとんどデザインも羽毛布団や枕で見えなくなります。


ですから様々な種類のベッドフレームがありますが、肩の力をぬいて、手頃な値段でシンプルなデザインのベッドフレームを選ぶようにすれば問題ありません。

ベッドフレームの種類は、大きく分けて4種類です。


引き出し付きのベッドフレーム
楽天ランキングNO1。



跳ね上げ式ベッドフレーム
客布団も入る大容量
           
棚つきベッドフレーム
こんなに便利でこの価格

床から立ち上がりのベッドフレーム
楽天で人気脅威の価格

以上の4種類になります。

おすすめは通気性が一番良く掃除がしやすい床から立ち上がりのベッドフレームです。


ただ新婚さんで収納が全然足りない方などは跳ね上げ式や引き出し付きのベッドフレームの選び方も選択肢に入れてもよいでしょう。ただ跳ね上げ式ベッドフレームは、構造上値段がかかりますので、本当に予算をかける価値があるか比較して選びましょう。


ちなみに棚つきベッドフレームは、目ざまし時計やめがね等を近くに置けるので大変便利です。特に高齢者に人気があります。


あとベッドフレームの価格ですが、ポイントは製造している国でかわります。

中国や東南アジアのベッドフレームは安いですが、日本製だと高くなります。フランスベッドなどは一貫して日本で製造していますから、品質を重視する方にはおすすめです。


あとは、ベッドフレームの素材で変わります。天然木だと高く、シートや化粧板だと安くなります。また床板にすのこが使用され素材が桐だとさらに高くなります。


ただ冒頭にお伝えしたとおりベッドフレームに予算をかけても寝心地は全く変わりません。

あまり細かいことは、気にせず機能性と価格にウエートを置いて決めてしまっていいでしょう。



bederabi at 20:57コメント(1)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク