トヨタのアイシン精機の評判と口コミ

2010年10月05日

アイシン精機評判口コミの前に


そもそもアイシン精機と言われてマットレスメーカーだとわかる方は、ほとんどいないのではないでしょうか?


実はこのアイシン精機は、日本を代表する企業、トヨタクループのマットレスを製造しています。


トヨタグループには住宅を作っているトヨタホームがあるくらいなので、マットレスを作っていても不思議ではないかもしれませんが、あまり聞いたことはないと思います。


以前はトヨタベッドと呼ばれていて、今日ではトヨタグループのトランスミッションを製造している優良企業がアイシン精機なのです。


アイシン精機のマットレスは、大きく2つに分けられます。
ちなみに、ASLEEP(アスリープ)がアイシン精機のマットレスを総称したブランドネームです。


その2つとは、特殊素材「ファインレボ」を使用した「スーパーフレックスフィットシリーズ」と、一般的なコイルスプリングを使ったマットレスです。


ファインレボは、ぐにゃぐにゃした感触の円柱型のウレタンが敷き詰められており、それらが体に沿って動く仕組みになっています。
体圧分散に優れていて、なかなかの寝心地です。


お店に行くと、まずウレタンのサンプルを触らせてくれて、その特殊な感触に好奇心と快眠への期待が持てますが、実際寝てみると、意外と普通の寝心地のマットレスといった印象を持ちます。寝心地で特殊なウレタンの感触はあまり感じられません。


触った時と寝心地のギャップがあることは覚えておきましょう。


それ以外では、安心して使用できる快眠マットレスです。
低反発ウレタンと比べて通気性も良く、蒸れにくいため梅雨時期なども安心です。


硬さは寝姿勢を重視した作りのためしっかり硬めなので、骨格のある男性にもおすすめです。


一方、アイシン精機が作る通常のコイルスプリングマットレスは、正直これといった特徴はありません。その中でも、「ハイブリッドシリーズ」が一番売れているそうですが、感動的な寝心地といったわけでもないので、絶対にこのマットレスが良いとおすすめできる商品でもありません。


アイシン精機のマットレスの評判口コミを総括すると、特殊なファインレボを除くと、一般的な普通のマットレスの取り扱いが多いのが特徴です。


かと言って、問題点がないのがさすがトヨタグループのマットレスと言った感じです。


今後は、技術力や資金力を生かしてシーリーのクラウンジュエルやサータのようなやわらかい寝心地のマットレスに対抗できるマットレスを出してもらいたいと個人的には思っています。


日本のベッドメーカーが体圧分散に優れたマットレスを開発すれば、硬いマットレス好きの日本の消費者のマットレスの選び方も随分と変わるのではないでしょうか?


bederabi at 16:57コメント(9)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク