腰痛の人へおすすめのマットレスの選び方

2010年09月27日

腰痛には硬いマットレスを、もしくは畳の上に寝るとよい」
このような乏しい情報だけで腰痛を解消するベッド選び方をするのは卒業しましょう。


ベッド腰痛との関係は大変難しく、デリケートな問題でもありますので
乏しい情報でマットレスを選ぼうとすると、腰痛解消に効果のないマットレス選び方をしてしまうことになります。

腰痛、肩こりでお悩みに方へお薦めです。
価格も手頃なので是非使って見てください。
(楽天で9週連続No1です。)



腰痛の症状はさまざまですので、まずは医者に行き診察を受けてみましょう。


症状が明確にならなければ腰痛の原因がわからず、マットレスだけに問題があると勘違いしてしまう恐れがあるからです。


家具屋の店員さんやベッドメーカーは、質の良い睡眠のことには詳しいですが、腰痛の専門家ではないので、それらの意見を鵜呑みにしてしまうのは、やめましょう。「腰痛おすすめベッドです!」なんて言われても参考程度にして下さい。


特に、家具屋のベテラン店員さんはいまだに、「腰痛の人は硬いマットレスを、もしくは畳の上で寝るとよい」などと言いますが、それは商品を売りたいがためにお客様の意見に同意しているに過ぎないのです。


ただ、最近のマットレスの中には、腰痛おすすめマットレスが販売されています。


そのマットレスに共通して言えることは、腰の落ち込みがなく、腰をしっかり支えてくれるマットレスです。


スプリングがやわらかいマットレスは、腰が落ち込んでしまうため腰に負担がかかってしまうのです。安定感があり、腰が沈み込まないスプリングの入っているマットレスを選ぶようにしましょう。


誤解してほしくないのですが、スプリングがただ硬いだけのマットレスではまた腰が悲鳴をあげてしまいます。


それは、マットレスと腰との間に隙間ができてしまうからです。その隙間を埋めてくれるのがクッションなのです。


ですので、適度にクッションが入った、腰に隙間ができないマットレスであるかどうかも実際に体感してみて検討するようにしましょう。


よく腰が沈むマットレスはよくないと決め付けている人がいますが、これは誤った考え方です。


人間は、背骨を伸ばして直立不動の姿勢で横になる寝姿勢が理想とされています。しかし、その状態を横から見るとおしりは一番出っ張っていますので、沈まないと無理な体勢になってしまい逆にうっ血してしまいます。


そのため、体の凹凸に合わせて沈み込む分は問題なく、腰の体圧を分散してサポートしてくれているのです。


ただし、ベッドは快眠を目的としており医療器具ではないので、腰痛が治るところまで期待してはいけません。


腰痛で悩んでいる方は、その原因を安易にマットレスのせいにするのではなく、まずは病院で診察を受けてその原因を突き止めましょう。
運動のし過ぎや運動不足等、ベッド・マットレス以外に腰痛の原因があることがほとんどです。


腰痛で悩んでいる方は、正しい知識で腰に負担の少ない自分に合ったベッドの選び方をしましょう。

腰痛、肩こりでお悩みに方へお薦めです。
価格も手頃なので是非使って見てください。
(楽天で9週連続No1です。)


bederabi at 02:20コメント(0)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク