寝心地が良いマットレスとベッドのポイント

2010年09月27日

寝心地の良いマットレスは、脳の休息ができるマットレスです。


脳の休息は、睡眠中90分刻みに起こります。この時間帯をノンレム睡眠と言われます。


6時間寝るとノンレム睡眠を4回することになるのですが、硬すぎて寝返りの多くなるマットレスだとしっかりノンレム睡眠が行われれず、脳が休息できなくなります。


逆に睡眠時間が4時間半でもノンレム睡眠をしっかり3回こなせるマットレスは、寝心地が良いマットレスと言えるでしょう。


ノンレム睡眠を邪魔するのは、寝返りと言われています。もっと言えば、血行が妨げられている状態です。


体のある箇所に圧力がかかってします寝姿勢ですと血液の循環をよくするために、肩やお尻を上げて寝返りを打つ必要があります。


その際に脳が司令をだすのです。せっかくノンレム睡眠で脳が休息していても活動しなければならなくなります。朝起きたら睡眠時間がたっぷりとっても頭がボーとしてしまう原因がここにあるのです。


ですから寝返りが少なくなる耐圧が分散されるマットレスを選びましょう。


それが結果として寝心地の良いマットレスになるのです。

腰痛、肩こりでお悩みに方へお薦めです。
価格も手頃なので是非使って見てください。
(楽天で9週連続No1です。)


bederabi at 14:07コメント(50)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク