マットレスとカビ対策の方法

2010年09月24日

今年は、熱帯夜が多くマットレスカビに悩まされた方も多かったのではないのでしょうか?


人間は一晩寝るだけでコップ一杯の汗をかくと言われています。約200ミリリットルですから驚きです。


カビ対策の基本として必ずマットレスの上には、汗を吸うベッドパットを必ず敷いてください。このベッドパットを敷かないと汗がマットレスに中に進入して、スプリングのさびの原因になりますし、梅雨時期などでは、マットレスとベッドフレームの間にカビが生えてしまうことになります。


(当然汗が体にまとわりついて快眠できないのが一番の問題です。)


特にシモンズや日本ベッドが採用しているポケットコイルマットレスは、コイルが布に巻かれていますので、オープンコイルより湿気がこもりやすくカビが生えやすいといわれています。


カビが生えないようにするためにも、綿や羊毛のベッドパットをきちんと敷いて睡眠するようにすることです。


マットレスを半年に一回壁に立てかけたり、部屋の風通しを良くして喚起することも、カビ対策には、効果がありますのでやってみることをおすすめします。


またカビ対策として、すのこのベッドフレームを選ぶようにしましょう。


人気はありますが、収納ベッドフレームは避けるようにしてください。


確かに収納は便利ですが、湿度が箱の中はたまりやすく衣類が傷みやすくなります。


収納はクローゼットやチェストを用意して、ベッドフレームの下は風通しがいい床から上がったデザインのベッドフレームを選ぶようにして下さい。掃除もしやすくカビ対策としては効果的です。


ちなみにマットレスや家具からはカビは生えません。カビ生えるとしたら、室内環境がカビ原因です。ホコリがあり湿度が高い部屋ならいつカビが発生しても不思議では、ありませんので、注意してください。

bederabi at 21:04コメント(2)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク