電動リクライニングベッドの購入前の注意点

2010年09月01日

電動ベッド選び方も大切ですが、まずは本当に電動ベッドが必要かどうか考えることも大切です。



確かに、電動ベッドは便利で快適なベッドですが、購入した場合かなりの高額な金額になります。



電動ベッドは上半身・下半身自由自在に動かすことができ、腰に力を入れなくても上半身を起き上がらせることもできますし、本を読んだりテレビも見るのも背もたれを作ることができるので快適です。



しかも、3モーターの機能の備わった電動ベッドになると、ベッドごと上下に動くため、使用者をケアする介護者もサポートしやすいです。



ただ、ここまでの機能が本当に必要なのでしょうか?



電動ベッドの最大のデメリットは、睡眠の本来の目的である健康良質なマットレスを選ぶ選択肢が少なくなる、ということです。



電動ベッド用のマットレスは、リクライニングするためのマットレスなので、昇降させる際に折れ曲がれるように作られなければなりません。



そのため、スプリングの形状や構造は快眠のためだけではなく、マットレスがスムーズに曲がりやすいように作られているのです。


介護ベッドで定評のあるフランスベッドなどでは、リクライニングの動きも良く、快眠できるマットレスも販売していますが値段が高すぎます。



値段を抑えようとすると、シングルサイズで15万円前後で購入できる商品もありますが、寝心地がガクンと落ちてしまうのです。ニトリで電動リクライニングベッドが99800円で発売されましたが、寝心地は同様です。



ベッド選び方で重要なことは、なによりも快眠できるかどうかなのです。



使用者が高齢者であっても、人の手を借りずに寝起きができるのであれば電動ベッドの機能は必要ないでしょう。いざとなったら、実はパラマウントベッドフランスベッドではレンタルすることもできます。



まとめますと、電動ベッドは購入する前に、本当にそれらの機能が必要であるかどうかを考えてみましょう。寝心地を犠牲にしてまでも機能性を重視する必要があるか、検討してみる必要があります。



また、電動ベッド価格なら、通常のマットレスでどのくらい寝心地を手に入れることができるがどうかも比較してみると良いでしょう。
価格によっては、シモンズシーリーの最上級モデルを手に入ることもできますので。

bederabi at 18:42コメント(4) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク