シーリーベッドの特徴と評判

2011年02月24日

 
シーリーのジャパンプレミアムの上位モデルが評判オーソぺディックコレクションです。
 

シーリーの日本サイズのマットレスでは最もグレード高いシリーズで口コミや反響が高い評判のマットレスです。
 

ジャパンプレミアム
との大きな違いはクッション材にあります。オーソぺディックコレクションにはプレッシャーリリーフインレーと呼ばれるクッション材が入っていて部分的に硬さを変えているのです。
 

これが入ることで、沈むべきところはしっかり沈み、支えるべきところはしっかり支えるので、より理想の寝姿勢を保持してくれます。
 

要は、適正な体圧分散性を持つマットレスなのです。
 

シーリーは体圧の分散を徹底的に追求します。
日本メーカーのように硬さを残すということはしません。
 

このオーソぺディックコレクションからマットレスの表面はかなり柔らかくなります。


しかし、中身はしっかりしてますので安心して快眠を楽しんでください。


骨格がしっかりしている方や体重がある人でも柔らかめに抵抗がないならおすすめのマットレスです。


bederabi at 16:04コメント(627) 

2010年09月02日

最近、スノコタイプ床板になっているベッドフレームが増えてきています。



これは、高温多湿の日本の気候を考えて作られた構造なのですが、ポケットコイルマットレススノコタイプベッドフレームの相性は、あまり良くないので選び方注意が必要です。



スノコの板と板との間隔が、あまり隙間のないものであれば心配はないのですが、低価格のベッドフレームに隙間の広いベッドフレームだと、ポケットコイルがスノコの隙間に落ち込んでしまうからです。



特にシモンズや、日本ベッドシルキーポケットビーズポケットマットレスのような、ポケットコイルの数がたくさん入っていてコイルの直径が小さいものに関しては、ベッドフレーム選び方は注意しましょう。



しっかり店員さんに聞くか、少し恥ずかしいかもしれませんが、展示してあるベッドのマットレスを持ち上げて、ベッドフレームの床板の仕様を自分の目で確認するのが良いでしょう。



また、ドイツなどのヨーロッパで普及しているウッドスプリングとの相性も良くないので注意してください。



ウッドスプリング
フレームは、通気性はもちろんのこと、ウッドで弾力性を持たせているため、よりマットレスの耐久性と体圧分散が高まります。



値段は通常のベッドフレームより少し高くなりますが、なかなか賢いベッドフレーム選びだと思います。



ただ、スノコタイプのベッドフレームより構造上さらに隙間が広くなりますので、ポケットコイルマットレスが落ちやすく大変危険だと考えられます。
そのため、ポケットコイルマットレスウッドフレームの組み合わせも、おすすめできません。



もし、どうしても選びたい場合は、ポケットコイルの直径を測り、ウッドスプリングの隙間より大きいものにするのであれば、例外的に使用しても良いでしょう。

bederabi at 00:24コメント(37)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク