ベッドの配置の仕方とレイアウトの注意点

2010年08月17日

快眠ベッド選び方も当然重要ですが、ベッドルームは単に眠るだけのスペースだけではありません。


ですので快眠安眠できるベッドの配置の仕方やレイアウトが大変重要になってきます。


寝室は着替えをしたり、お化粧をしたり、テレビや音楽、パソコンを楽しんだりする部屋でもあります。


そのためには、ベッド周りに動くためのスペースをしっかり確保しておく必要があります。


ベッド周りの掃除をするためや、ベッドメイキングをするために、ベッドと家具、ベッドと壁との間には、十分にスペースを取るようにしましょう。


また、ウォーキングクローゼットがある部屋には少し注意が必要です。


クローゼットの扉が全開できるだけのスペースをベッドとの間に作らなければなりません。さらに、収納したものを取り出す際のスペースも確保する必要があります。


自分の体形に合ったベッドのサイズや、好みにあった寝心地を選ぶことも大切ですが、ベッドルームの広さに合わせて生活動線や収納に考慮してベッドをレイアウト・配置することも同じくらい大切なのです。


bederabi at 17:16コメント(8)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク